月別アーカイブ: 2013年7月

「美」のはなし

 

今日は「美」について

お話しようと思います。

 

美

 

 

私が働いていた会社では

「美」に関してとても厳しい基準を

設けていました。

たとえば・・・

・ネイル(手も足も)

・口紅も

・アイシャドーは会社が規定した色(ちなみに私は

(入社後、すぐにメイクレッスンがあり

インストラクターの方に肌の色に合わせて

アイシャドーの色を選んでもらいます。

そして会社が選んだ色を使い続けなければなりません)

・お化粧は濃いのがよい

・髪の毛は染めてはいけない

・見えるところにピンをさしてはダメ

・1本でも髪の毛が乱れていたらダメ

・産毛の濃い人は剃る

・お肌にニキビ・できものができたらフライト禁止

・自分の体型に合わせてオーダーメイドで作った制服のため

太って着られなくなったらフライト禁止

などです。

軍隊かと思うような内容に驚きました。

そして日本人の美意識からはかけ離れた内容に、

「正気の沙汰ではない」

思いました。

 

青い

 

 

〈お化粧は濃いのがよい!?〉

日本人にとっての「美」とは

自然なこと、自然に近いことを指す

のではないでしょうか。

お化粧が濃くても不思議がられなかったのは

バブル全盛期の時代だけだったと思います。

 

 

 

メイク実習では、お化粧品を全て塗りたくった結果

おてもやんと化した自分の顔をみて

笑うしかありませんでした。

しかし、暗い機内に行くとどうでしょう。

あんなに濃かったお化粧が

ちょうどよく見えるではありませんか!

そして赤い口紅は肌の色を1トーン

明るく見せてくれるので

お肌がとてもきれいに見えたのです。

納得せざるを得ませんでした。

 

 

おても

 

〈ネイルは赤いのがいい!?〉

今どき赤い口紅に赤いマニュキュアをしている人を

街中で見かけたら

夜のご商売をされているのかな?と

勝手に推測して納得してしまいます。

 

 

 

まさか自分がそうなるとは思ってもいませんでした。

しかしそこに美意識の違いがあることに

気付きました。

 

 

 

というのは、欧米ではネイルケアをすることは

オーラルケア(口腔ケア:歯を磨いたりすること)と

同じ感覚だというのです。

つまりネイルケアをしていない人は

だらしのない人とみなされてしまうということ。

だからアメリカに行くとたくさんのネイルサロンがあり

美容院に行く感覚で皆さん通っています。

それは男性・女性関係なく、

老若男女関係なく、です。

つまりスタンダードが

「いつもきれいにネイルされた爪」

なのです。

制服も民族衣装だったのもあり、

それに負けない色が赤。

またネイルケアをきちんとしている

ことを主張するためにも赤。

洗練された女性を演出するためにも赤。

だったのです。

 

 

 

これは余談ですが

赤い色には腹立たしさを紛らわす効果がある

と言われています。

「赤」には体をよく動かすようにしたり

体の中に溜まったものを

エネルギーとして燃焼させるような

働きをしたりすることで、

ネガティブな怒りのパワーが自分自身を

傷つける前に、何らかの形で

外へ発散されるようにしてくれる色とのこと。

機内で色々なことに遭遇する私たちに

ピッタリの色だったのです。

そこまで考えていたのかはわかりませんが

偶然は必然だったのかもしれません。

 

赤

 

 

〈フライト禁止を宣告された!?〉

入社してすぐに制服の採寸がありました。

オーダーメイドのため太った痩せたが一目でわかります。

私はシンガポールに住み始めて2か月半の間に

なんと10キロも太っていました。

完全なるストレス太りです。

空気を吸うだけで10グラムずつ

増えているんじゃないか、と思えるほど

破竹の勢いで増えていました。

出来上がった制服が支給され、着てみてびっくり。

ファスナーが・・・上がらない・・・

息をとめてお腹をへこませると

やっと上がる状態。

もちろん呼び出しがかかりました。

「このままだと、フライトできません。」

 

 

 

頭が真っ白になりました。

テストで落ちたならまだしも

太ったから飛べないなんて・・・

悲しくて情けなくて悔しくて泣きました。

泣いても体重は減らなかったので

ダイエットに励みました。

1週間後2キロ減っていたので

なんとかフライト禁止令は免れることができました。

しかし周りのCAはスタイルのいい方ばかりで

いつもソワソワして落ち着かず

気付くと息をとめてお腹を凹ませていたのでした。

 

でぶ2

 

 

「美」の認識は人それぞれ

国それぞれ異なっており

自分の考えが全てではないことを

大変よく理解したのでした。

「異文化を受け入れる」

とても大切なことだと思いました。

 

 

 

 

2013.7.31

いとうあき

シンガポールでシェアハウスをするということ 後編

 

シンガポールでシェアハウスをするということ 前編↓

http://www.with-baby0-3.com/singapore/room-share-in-singapore.html

 

 

前編からのつづき・・・

22年間実家生活に胡坐をかいていたため

「住むところ」について考えたこともなかった私、

1日で22年分の「住」を考えさせられました。

そして遠くに離れ、改めて

親のありがたさに気付いたのでした。

 

 

 

家探し2日目

昨日とは違う不動産屋さんの登場です。

事前に

・築5年以内の物件であること

・空港に近いこと

・近くにスーパーがあること

などの要望を伝えていたため

拍子抜けするほど簡単に

素敵な物件と出会うことができました。

「ここがいい!」

と満場一致の即決でした。

昨日の大切な時間、そして

無駄な疲れは何だったのでしょう・・・

いやいや、昨日の残念な物件たちの

おかげですんなり決められたのかもしれません。

人生に無駄なことなどないのです。

 

 

88-1

 

 

そこは戸建て住宅の並ぶ高級住宅地。

大きな通りから少し奥まったところにあり

ゴルフ場に面したとても静かな場所でした。

リビングの窓を開けて外に出ればそこはプールサイド

わざわざ水着を持って出かける必要がないなんて

幼少期に庭で遊んだビニールプール以来です。

とはいえ、1年間にプールで泳いだのは数える程度。

そういえばわたし、、カナヅチでした(笑)

 

 

88-2

 

低層コンドミニアムの1階にある

私たちの家は3LDK。

メインベッドルーム1つとサブベッドルームが2つです。

メインのお部屋は広く、バス、トイレ付きですが

サブのお部屋は少し狭く、トイレやシャワールームも

2人で1つを使わなければなりません。

 

シャワー

 

 

 

日本のシャワーは水圧もちょうどよくとても快適ですが

海外のシャワーは難ありなことが多いので要注意です。

シンガポールもご多分に漏れずその残念なパターンでした。

お湯は小さなタンクの中で作られるため

限られた量しか出てきません。

そのため一人がシャワーを浴びた後は

数時間待たなければお湯は出ず

気づかずに入ってしまうと水シャワー(滝行かっ!)

を浴びることになってしまいます。

お風呂大好きしずかちゃんは日本でしか

生活できない環境でした。

そのため払うお家賃の金額を変え(メインの子が多く払う)

不公平さをなくしました。

 

 

 

 

日本でお家探しをする時は

ガランとしていて何もない部屋を見ることになり

家具などは全て自分で揃えるのが一般的ですが

外国ではそのお部屋に合わせて

インテリアコーディネートされていたり、

捨てるのはもったいないからということで

前に住んでいた人が置いていくこともあり

家具、家電も備え付けのものがあることが多いのです。

 

 

 

3人でルームシェアをしていたので

誰が何を買うという分担などもいらず、

センスの問題で、もめることもなく

時間のない私たちにとって

自分の部屋に必要なものだけを

買えばよいという環境はありがたいことでした。

カーテンなど備えつけられていなかったものは

大家さんに交渉すれば付けてくれるのですが

「ピンクがいい!」と言ったのに

届いたカーテンはうすいグリーン・・・

いやいやつけたカーテンでしたが

見た目に涼やかで、目にも優しく

数日後にはすっかり気に入っていました。

 

a2

 

そんな引っ越し初日の夜

我が家にはじめて来たお客様はヤモリでした。

正確にはイモリだかヤモリだかわかりません。

ただ、ヤモリ=家守で縁起がいいかなと思い

そう呼びました。

外へ逃がしたいのですが気持ちが悪すぎて触れず

近づくと逃げてしまうので諦めました。

1年後、私は高層のコンドミニアムへ引っ越したのですが

9階でもヤモリは登場してくれました。

そのおかげですっかり気にならない存在になりました。

人間、慣れるものですね。

それにしてもヤモリって何を食べて生きてるんだろう。

数年間ヤモリと一緒に生活したのですが・・・

彼らの謎はひとつも解けないままでした。

 

やもり

 

 

そんなこんなで無事3人と数匹(のヤモリ)の

ルームシェア生活が始まりました。

無事住む場所が決まり、

ホッとしたのも束の間。

その後には恐ろしい訓練が

待ち受けていたのですが。。。

そのお話はまたいつか。

 

 

2013.7.30

いとうあき

シンガポールでシェアハウスをするということ 前編

 

最近日本でもシェアハウス」

の人気が高いようです。

驚いたことに、男女がひとつ屋根の下に

暮らすスタイルが人気だといいます。

実は私も10年ほど前まで「シェアハウス」の住人でした。

 

シェアハウス

 

 

大学を卒業して入社した会社が

シンガポールベースの会社でした。

憧れの客室乗務員、

そして憧れの会社ではありましたが

大学を卒業するまで親元を離れたことのなかった私は

はじめての一人暮らし(ルームメイトはいますが)

しかも行ったこともない遠い異国の地ということで

気の弱い(当時)22歳(当時)

不安に押しつぶされかかっていました。

シンガポールへ出発する日は

家族が成田空港へ見送りに来てくれたのですが

飛行機に乗るまでずーっと、ずーっと泣いていました。

周りを見ると唯一もう一人泣きはらした

目をした子(後のルームメイトになります)がいて

少しうれしくなって近寄り、隣の席に座りました。

涙にくれる仲間がいることで少し元気を取り戻し、

機内食を完食。

隣の子の残したニンジングラッセちゃっかりもらい

「・・・今日一番の笑顔だね」と

力なく言われました・・・

 

ニンジン

 

 

シンガポールに到着して1週間は

ホテルが用意されており

快適に暮らせるのですが

数日の間でこれから暮らす家を

探さなくてはなりません。

なぜなら会社の訓練(研修)スタートが

数日後に迫っており、訓練が始まると

テスト漬けの毎日から

家探しどころではなくなるからです。

 

 

HDB

 

シンガポールは東京都23区ほどの大きさしかない土地に

500万人の人が暮らすため

全ての土地の権利はにあります。

借地権というものは存在しますが

99年とか最高でも999年まで。

民主主義の社会主義国家と呼ばれる所以ですね。

そのため一戸建てに住める人は

超のつくお金持ち。1%もいません。

国民の多くは「HDB」と呼ばれる

公団住宅に暮らしています。

日本の団地とは違い、10~30階建ての

高層建築です。

またHDBが集まってできたニュータウンでは

中心にMRT駅や「ホーカーズ」

と呼ばれる集合屋台などもあり

とても便利です。

 

ホーカーズ

 

 

しかし、人生最高の?贅沢をしたいよね!願望は強く

エントランスはホテル並み

天井が高くひろ~ーいお部屋に住み

プール付き、フィットネスジム付きで

セキュリティーのしっかりしている

(といっても住人でなくても

にこやかに手を振ると満面の笑みで顔パスさせてくれる

気のよい守衛さんばかり・・・

守衛さんのお仕事は笑顔で手を振ること)

コンドミニアムを借りて住むのが

日本人クルーの間では一般的でした。

 

 

コンド

 

シンガポールのコンドミニアムは

一人暮らし用の部屋が少なく(ほとんどありません)

ファミリー向けの2LDKや3LDKが主流です。

そのためお家賃を考えても、部屋の数を考えても

ルームメイトとシェアをして

住むことが得策なのです。

 

がま口

 

 

 

私たちの期では日本人の同期が14人おり、

突然知り合った人の中から

ルームメイトを決めなければなりません。

それでも新卒入社の私たち。

歳も近いため、すんなり2~3人でグループを

作っていました。

 

コンド2

 

 

家探し1日目は、会社が手配してくれた

不動産屋さんとコンドミニアムを見て回りました。

あまりピンとくる物件がなく

唯一いいかなと思ったところは

みんなもいいと思うため、じゃんけん。

もちろんじゃんけんに負けてふりだしにもどる・・・

結局1日目は収穫がないまま終わりました。

家を探せなかったらどうしようという焦りと

ホームシックと

シングリッシュ(英語がシンガポール訛り)

が中国語にしか聞こえないという絶望から

人生で一番疲れた1日になりました。

 

うなだれる

 

つづく→

 

2013.7.29

いとうあき

子供の好き嫌いをなくすための5か条

 

〈老人の胃袋を持っていた幼少期〉

水戸黄門

みなさんは食べ物の

好き嫌いはありますか?

私はゆで卵が苦手です。

味がなく、モゴモゴして

飲み込むのが難しいからです。

残念ですが板東英二さんとは

仲良くなれそうもありません。

 

ゆでたまご

 

 

人間の味覚には

甘味塩味、旨味、酸味、苦味

の5つがあります。

甘味、塩味、旨味が好きだ

という子供はたくさんいますが

トマトに含まれる酸味や

ピーマンの苦味が嫌い

という子供もたくさんいます。

 

ピーマン

 

 

小さなお子さんを育てるママにとって

子供の好き嫌いは悩みの種の1つだと思います。

他人事のように書いている私ですが・・・

小さい頃はとにかく食べることが嫌いでした。

特にハンバーグやオムライスなど

子供が好きなものが嫌い。

私が3歳の時家族で旅行に行き、

ホテルで出されたお子様ランチの中に

食べられるものが何もなくて

ホテルから出前のお蕎麦を頼んだという

いぶし銀の逸話を残すほどの子供でした。

 

蕎麦

 

 

食べるの大好き♪

立派(すぎる体型の)今の私からは

想像がつかないと思いますが

母はどのようにして私の味覚オンチを

変えていったのかをご紹介します。

 

味覚オンチ

 

 

〈人間の防衛本能だった〉

太古の昔から人は物を食べる際は

とても慎重でした。

判断基準が自分の舌だったからです。

腐った食べ物や熟していない果物には酸味があり

毒には苦味があることを本能的に知っており

身体が拒否反応を起こすのです。

つまり本能的に味覚で「食べてよいもの」と

「いけないもの」を選別しているわけです。

これが酸味や苦味が嫌われる本質的な理由だと

母は友人の管理栄養士さんから教わったそうです。

 

栄養士

 

 

〈5か条〉

ピーマンを口から吐き出す子が多いのは

ピーマンの苦味を毒と認識しているからであって

わがままでしているわけではないのです。

それを知った母は

 

1、苦手な食材は細かく刻み食べやすくした

 

2、両親がその食材をおいしそうに食べる姿を見せ

その食材が安全であることを証明した

 

3、嫌いなものを吐き出しても怒らず(本能だから)

その食材を食べても大丈夫だと説明した

 

4、繰り返し食卓に登場させ、少しずつ慣れさせた

 

5、簡単に育てられる野菜は家庭菜園で育て収穫させた

 

これらのおかげで私は大の野菜好きになり

食べることが大好きになりました。

また大学生の頃苦手だったアルコール(苦味)も

経験のおかげで今や大好物です。

ビール

 

 

 

〈食べ物の好き嫌いは経験こそがものを言う〉

味覚に対する経験の少ない子供にとっては

味覚の本能は重要です。

それが生死につながることもあったからです。

しかし、子供の味覚を変えることはできるのです。

そしてそれらは私たち大人の責任でもあります。

繰り返し色々な味覚の経験を積むことが

好き嫌いをなくす一番の近道。

 

野菜

 

みなさんも親子で楽しみながら

新しい味覚の扉を開けていってください。

 

 

 

20130.7.28

いとうあき

なぜ人はルイ・ヴィトンに惹かれるのか

 

〈就職活動にて・・・〉

今から十数年前・・・

私が就職活動をしていた頃のお話です。

その頃は「就職超氷河期」と言われ

私が第一志望にしていた日本航空の

客室乗務員の募集がありませんでした。

 

 

 

 

客室乗務員になりたいとは思っていましたが

いつかなれればいいかな~♪と頭を切り替え

一般企業の総合職を手当たり次第に

受けまくっていました。

 

就活

 

 

最終面接の後

「いとうさんは雰囲気が総合職向きじゃないね~。」

と今さら教えてくれる親切な?会社があったり、

逆に私のことをとっても気に入ってくださり

早々に内定をいただけた会社もあったりして

この時期にしかできないことを

実はとっても楽しんでいました。

 

 

 

 

〈ルイ・ヴィトンを記念受験〉

そんな中で異色だったのが

「ルイ・ヴィトン」でした。

全く興味がなかった会社なのですが

友達に誘われるがままに説明会に参加。

あまりの人の多さに圧倒され

説明された内容を全く覚えておらず。。。

ただ、説明会でいただいた封筒が素敵で

(先日掃除をしていたらこの封筒が出てきて・・・

捨てました(笑))

タダでもらえてラッキー♪と思ったくらいでした。

 

 

 

でもせっかくなら面接の練習をさせていただこうと

(ごめんなさい)思い・・・

受けるからには!と私なりに企業研究をしました。

街中を観察していると、LVを持つ人の多さから

(数あるブランド品の中でLVを持っている人が1番多かった)

私の中で疑問がむくむくと膨れ上がりました。

「なぜLVを選ぶのか・・・なぜLVなのか」

 

 

ヴィトン

 

 

 

色々調べたら答えは「色」にあったのです。

 

 

 

〈色のマジック〉

もともと旅行カバンを作るところから出発したLVは

頑丈で使い勝手のよいカバンということで人気となりました。

しかし色彩心理の視点でみると

やはり愛される理由が存在していました。

それは、茶色の濃淡強く長く人を虜にするというのです。

 

 

 

茶色はその質感が上等で厚みがあり、

やわらかさとかっちり感を与えることができます。

茶の色が持つ個性がモノに反映されただけなのですが

高級な革製品にとって、とても大切なイメージでもあります。

また、茶色は流行に左右されず「定番」と認識されるため

5年後も持てるという確信を植え付けてくれます。

 

カラー

 

 

そしてLV独特の濃い茶色と少し明るいベージュの

濃淡を見て安心し、少し楽しい気分になるそうです。

だから安心は信頼に

楽しさは購買意欲になり

売れる図式が出来上がるわけです。

 

 

 

 

どちらかといえばコツコツお金をためて

派手なお買い物をセーブしている人に限って

「茶色の、上質なもの」には弱いそうです。

なぜなら

「これは長く使えるし、いいモノだから」

と言いわけを簡単に作れるから。

その言いわけをうまく使いながら

特に不満やストレスが溜まった時に

衝動買いをしてしまう。

茶色い上質のもの心の満足を生んでいたのですね。

 

 

 

かくいう私はこれら企業研究の成果を

発表する機会のないまま最終面接を終え(笑)

無事内定をいただくことができました!

10数年後・・・

その苦労をブログで発表できたこと

うれしく思います。

 

 

 

 

2013.7.27

いとうあき

知らないと損!?隠れ機内サービス3

 

今日は意外と知られていない

機内のドリンクサービス

についてご紹介します。

 

機内ドリンク

 

離陸して水平飛行になり

ベルト着用のサインが消えるとすぐに

サービスが始まります。

私たちもベルト着用のサインが消える音は

戦闘モードにギアチェンジする瞬間でした。

 

 

 

ドリンクカートと呼ばれるものの中には

数十種類のドリンクが入っています。

オレンジジュースやアップルジュースなど

フルーツジュースや、コーラなどのソフトドリンク、

カクテルを作るためのジン、ラム、ウォッカなど

スピリッツ系やお馴染ビールやワインなど。

まさに空飛ぶバーなので

みなさんが居酒屋さんで飲むような

ジントニックやシャンディガフ、ブラッディーマリーや

ラムコーク、スクリュードライバーなど当り前にできてしまいます。

エコノミークラスではメニューカードがないこともあるので

(あったとしても書ききれない)迷ってしまいますよね。

 

カクテル

 

ドリンクサービス中は忙しいことが多いので

「何があるんですか?」

と聞いても

CA「ワイン、ビール、ソフトドリンクにフルーツジュースなどを

ご用意しております。」

とのツレナイお返事に

ショボン・・・となることが多いはず。

意地悪でそう答えているわけではなく

本当にたくさんの種類がありすぎるため

仕方なく代表的なものを挙げているだけだと思います。

 

 

 

 

大半の航空会社では

その国を代表するようなこだわりのドリンクを

用意しています。

たとえば

シンガポールスリング(シンガポール)

ウーロン茶(台湾)

シンハービール(タイ)

ホットチョコレート(アメリカ

ブラッドオレンジジュース(イタリア)

などなど。

なのでドリンク選びに迷ったら

「何がありますか?」ではなく、

「おススメの飲物は何ですか?」

また、カクテルの名前がわからず困った時は

「オレンジ味のカクテルを」とか

「甘くないカクテルでおすすめのものを」

と言っていただけるとお好みのものを

ご用意できると思います。

 

 

 

女性のお客様でアルコールが苦手という方には

個人的に「フルーツスプリッツァー」をおススメしていました。

聞き慣れない名前の代物ですが

フルーツジュースとスプライトを半々にして混ぜたもの。

色もかわいいので

ちょっとしたカクテル気分を味わうことができます。

 

フルーツカクテル

 

 

 

また選ぶドリンクの内容も

お国柄が出ておもしろいのです。

インド人はとにかく甘いものがお好きなようで。

コーヒーや紅茶にはミルクポーションを3個以上、

お砂糖も3袋くらい入れています。

糖尿病は大丈夫ですか?と心配になります。

ジュースはあま~いパイナップルジュースがお好みです。

 

紅茶

 

 

健康志向の強い台湾人は

とにかく冷たいものが嫌いです。

お水もぬるま湯を指します。

そしてトマトジュースをこよなく愛します。

私が始めて覚えた中国語は「トマトジュース」でした。

 

トマトジュース

 

 

ヨーロッパ系の人々はとにかくお酒命!

フライト中にドリンクカートが空になることもしばしば。

寝ずにお酒を楽しんでいます。

 

 

 

 

そんなドリンクサービスをしていて

気づいたことがあります。

重なっている紙コップを取る際に

振ると取りやすいためフリフリしていると

紙コップ以上にブルブル揺れている物体が・・・

私の二の腕のお肉でした。。。

若かりし頃バレーボールで鍛え、筋肉だった部分が

もはや脂肪と化していました。

あまりに恐ろしい光景だったので

見なかったことにしました。

しかし、その後も幾度となくその光景を見ることになるのでした。。。

 

二の腕

 

 

 

2013.7.26

いとうあき

かゆいところに手が届く台湾のシャンプーマッサージ

 

突然ですが、シャンプーはお好きですか?

自分で洗うのは面倒くさいけど

洗ってもらうのは好きという方が多いのではと

思います。

そんな方におススメしたいのが

台湾のシャンプーマッサージです。

 

 

 

 

台湾の街中を歩いていると

メガネ屋さん、カフェ、美容院、食べ物屋さん(屋台)

がとっても多いことに気づきます。

そう、台湾人の多くがメガネをかけ

お茶をする機会が多く、頻繁に美容院に行き

食べることが大好きなのです(笑)

 

 

 

私も頻繁に美容院に通っていた一人でした。

その目的は「シャンプー」です。

かっこよく言えばヘッドスパ。

日本の美容院は丁寧ではありますが

気持ちいいなと思ったらすぐに終わってしまい

不完全燃焼感がぬぐえません。

しかし台湾の美容院では

30分ほどかけて念入りにシャンプーと

ヘッドマッサージをしてくれます。

頭皮をマッサージすることで若返り効果も

期待できる(顔の皮膚と頭皮は1枚の皮で

つながっているため)そうです。

まさにかゆいところにまで手の届くサービスです。

 

 

 

 

そんなによく洗ってもらい

マッサージをしてもらい

ブローまでしてもらっても

お値段は1000円くらいです。

(お店によってお値段が違うのですが

だいたい1000円以内でおさまります)

日本で同じサービスを受けようと思ったら

5000円はくだらないのですが。。。

 

 

 

ブローする際も日本の雑誌(お店に置いてあります)

を見て、「この髪型がいい!」と指し示せばOK.

繊細な手仕事をしてくださる

日本の美容師さんレベルを期待しなければ

納得できる範囲の仕上がりです(笑)

 

 

 

ただ唯一気をつけなければならないのが

お店選びです。

スタッフがおばさまで

お客様層もおばさまというようなお店では

シャンプーまではよくても

ブローで大変なことになることがあるからです。

クレオパトラと見間違えるほどのストレートヘアにされるか

パンチおじさんもびっくりの巻き髪になる可能性が高く

(ほどほどというのが通用しない・・・)

せっかくの一日が台無しにならないように

若者向けの美容院を選びましょう。

 

 

 

2013.7.25

いとうあき

世界で一番理想的な動物園

 

観光立国シンガポールにはたくさんの

観光アトラクションがあるのですが

今日は私のイチオシ

「シンガポール動物園」と「ナイトサファリ」を

ご紹介します。

 

Singapore ZOO

http://www.zoo.com.sg/

Night Safari

http://www.nightsafari.com.sg/

 

 

 

シンガポール動物園は1973年に

オープンして以来

世界で一番理想的な動物園

と言われています。

それは、肉食動物や大型の草食動物には

生まれ故郷の環境を再現したひろ~い住処を与え

オリや柵を使わず、小川や垣根だけで

動物と人との間に最低限の境をつくっているからです。

幅2メートルほどの小川を挟んだだけのところに

ライオンがいる!!という感動は

日本ではなかなか味わえません。

 

 

 

小型の草食動物たちは放し飼いにされています。

時には道の真ん中にワヲキツネザルがどで~んと座っていたり

食事をしているとリスざるがちゃっかり盗み食いに来たり

と行くたびに違う顔を見せてくれる動物園なのです。

 

 

 

そんな中、私が特に惹かれたのが

「コビトカバ」でした。

その名のとおりカバが小人なのでコビトカバ。

絶滅危惧種とされる動物で主に西アフリカに生息しています。

普通のカバの10分の1ほどの体重しかなく身軽なため

水の中をわがもの顔で走っています。

必死で水中エクササイズをしているのに

痩せないという点で親近感がわいたものでした。

 

 

 

そして一番恐ろしかったのが「カンガルー園」。

オリがないはずのパーク内に突如現れた金網の壁、

そこがカンガルー園です。

オリの中に人間が入れるようになっていて扉を開けると

見渡す限りカンガルーで埋め尽くされています。

カンガルーのパラダイスにカンガルーたちは

恍惚の表情を浮かべていました。

赤ちゃんが見たいな~♪と、近づいてみると

思いのほかカンガルーが大きい!

かわいいと思っていたカンガルーでしたが同じくらいの身長で

威圧感を感じ、か、か、かわいいのかな?と

はてなマークが点灯したところへ

ものすごい勢いでジャンプしながらこちらへくる輩が・・・

そう、私はカンガルーに轢かれかけたのでした。

大きくジャンプしながらやってくるので

1歩が5メートルくらいあり、迫ってくるスピードが速いのなんの。

カンガルーも勢いに身を任せる中で急ブレーキをかけることは

難しい様子。

命の危険を感じた瞬間でした。

「カンガルーに轢かれた女」として新聞に載る自分の哀れな姿が

脳裏をかすめましたが、間一髪・・・轢かれずにすみました。

 

こんな迫力満点はいらない。。。と唯一思ったのが

カンガルー園でした。

 

 

 

 

動物たちの大半は夜行性であることが多く

昼間、動物園に行っても寝てばかりで

がっかりということも多いですよね。

そんな声にこたえてオープンしたのが「ナイトサファリ」です。

シンガポール動物園と隣接しており、

こちらも柵やオリのない設計となっています。

 

 

 

こちらは主にトラムという長いバスのようなものに乗って

園内を一周します。

日本語で説明してくれるトラムもあるので

英語に自信のない方でも安心です。

草食動物のエリアでは動物たちが放し飼いになっている

中をトラムが進むため、サファリドライブのような

感覚を味わうことができます。

また、昼間はグーグー寝ているトラたちも

夜になると目がランランと輝き

密林の王者の風格を漂わせてくれます。

 

 

 

私のナイトサファリでのお気に入りは

「マメジカ」です。

まめじか

手足がマッチ棒のように細く

やっとこさ自分の体重を支えています。

そのため手足がプルプル震えていたりして

その一生懸命な姿に胸を打たれます。

 

 

 

 

 

驚きと感動の連続の動物園

日本では見られない動物たちの真の姿が

見られると思います。

ご家族でもカップルでも、もちろん一人でも楽しめる

シンガポールイチオシスポットのご紹介でした。

 

 

PS:動物園が大好きな私のために

あつ~い中いつも付き合ってくれた

ルームメイトに心から感謝しています。。。

 

 

2013.7.24

いとうあき

It’s a Boy!

 

今か今かと世界中が待ちわびた瞬間が

訪れました。

英王室の未来の国王誕生です。

 

boy

 

 

かねてからキャサリン妃の出産には

様々な噂がとびかっていました。

そのいくつかがスピリチュアルの本場

イギリスらしいもので

スピリチュアル好きな私としては

とても興味深かったのでご紹介します。

 

 

 

◆◆◆そもそもキャサリン妃の王室入りはママのおかげ!?

一説によると、ブリティッシュエアウェイズの元CAだった

母キャロルさんは、娘を王室に嫁がせるため

キャサリン妃を産む時期まで計算づくだった

と言われています。

キャサリン妃誕生後も王室に入るため

母と娘のスピリチュアルパワーを使った努力を

惜しまなかったそうで、その1つが

「潜在意識の活用」だそうです。

 

 

 

それは例えば・・・

ウィリアム王子の好みの女性を研究して

王子の視界にいつもいるよう行動させた

王子の視界に絶えず入るようにすることで

潜在意識にキャサリン妃の存在を刷り込み

彼女がいない方がおかしいと思わせ

王子自らがキャサリン妃を探すように仕向けたとのこと。

服装は王子の好みをリサーチし、それらを

身に着けるという徹底ぶりだったそうです。

 

 

また

「絶対にウィリアムと結婚する!」と

ポスターの前で繰り返し宣言させた

部屋にウィリアム王子のポスターを貼り

繰り返し宣言させることで

自分の潜在意識に「結婚する」

という強い思いを刻んだそうです。

さらに常に視界に入ることで

キャサリン妃の潜在意識により深く

願望が刷り込まれるようにしたと言われています。

 

 

 

キャサリン妃を産む月までコントロールした

母キャロルさんの次の想いはやはり・・・

◆◆◆ロイヤルベビーには8月誕生を望んでいる!?

潜在意識を活用して、見事娘をロイヤルファミリーの

一員にしたスピリチュアル・ママとしては

やはり孫の誕生日にはひとかたならぬ想いが

あるようで・・・

7月22日以前の誕生となると

故ダイアナ妃やカミラ夫人と同じ蟹座になってしまうとのこと。

因縁の蟹座ベビーよりも

23日以降に持ち込んで

「帝王」を意味する獅子座ベビーにしたかったのだとか。

 

 

 

無事産まれてくれた今となっては

どちらでもいい話になっていそうですが

子の幸せを願う親の気持ちは

山よりも高く、海よりも深くといったところでしょうか。

 

boy2

 

 

それにしても恐るべし「潜在意識」のパワー。

私にも思いあたるフシがあります。

体が小さかった小2の私は跳び箱の「たて」

がどこまでも広がる白い壁にしか思えず

跳ぶことができませんでした。

勢いよく飛び出してみたものの

踏切板で失速する典型的どんくさいパターンでした。

その時先生に「目をつぶりなさい」といわれました。

そして

「体が軽くなって空を飛んでいるところを想像してごらんなさい。

跳び箱なんて一蹴りだから」と。

まだまだ頭の柔らかいお年頃、すぐに跳べるようになりました。

イメージトレーニングで克服したものの1つでした。

 

 

 

大きくなると、失敗したらどうしようとか

「想い」だけでどうにかなるものかしらなどと

色々考えて守りに入ってしまいますが

自分を信じてやってみることが大切なのかもしれません。

たとえ本物のプリンセスにはなれなくても

誰かのプリンセスになれればいいのですから(笑)

 

 

 

2013.7.23

いとうあき

知らないと損!?隠れ機内サービス2

 

前回はご家族連れのための

機内サービスをご紹介しましたが

今日は特別な日のための

機内サービスをご紹介いたします。

 

 

 

私が新卒で入社したアジア系エアラインは

特にサービスに力を入れている会社でした。

アジア系のほとんどの会社はサービスがとてもよく

機内食も美味しいのに、お財布にやさしい

とよいことづくめのため

私はおすすめしています。

現地の物価が安く人件費などを抑えられるため

お値段が控えめである

というだけで、飛行機が古いとか(むしろ新しい)

安全上問題があるとか(訓練はとても厳しい)

サービスが手抜きということは全くないので

ご安心ください。

 

 

 

そんなアジア系航空会社の1つでは

特別な日を迎えられるお客様に

とっておきのサービスをしています。

それはお誕生日ケーキ

ハネムーンケーキのご用意です。

 

 

 

航空券予約の際には

パスポート情報が必要となり

お客様のお誕生日が予め把握できるため

とっておきのサプライズとなります。

 

 

 

また、ハネムーンも旅行代理店を通して

予約されることが多いため

ご本人には知られずにサプライズができるわけです。

(旅行代理店が予約をしてくれます)

 

 

 

しかもこれらのサービスでは

ホールケーキが用意されています。

一口ケーキではありません!

そしてビジネスクラスからシャンパンを持ち出し

ケーキと一緒にサービスしていました。

時間のあるフライトでは

ドライアイスでスモークの演出をしたり

機内のお花を添えたり

残っているフルーツを切って添えたり

客室乗務員やキャプテンのメッセージカードを

付けてお渡ししていました。

 

ケーキ

 

 

サプライズなのでみなさんとても

喜んでくださり、私たちも接客業の醍醐味を

味わうことができる時間でした。

個人的にはカップルへのインタビューを

楽しんでいました。

 

 

 

ハネムーンのお客様の中には

80代と思しき紳士と30代後半と思しき淑女

というカップルもいらして

軽く戸惑うこともありました。。。

 

 

 

気の利かない旅行代理店を利用してしまった

または、ハネムーンの航空券を自分で予約したので

そんなサービスを知らなかったが

周りがハネムーンケーキを食べていてうらやましい・・・

という方でも大丈夫!

客室乗務員にお声掛けください。

帰りの便を教えていただければご用意いたします。

 

 

ただし、日本発のフライトで出される

ケーキの方が10倍美味しい(日本で作ったケーキのため)

ので現地発のケーキはあまり期待しないようにお願いします。

 

 

 

ハネムーンでモルディブやオーストラリア方面を

予定されている方はアジア系航空会社が

おすすめです。

 

 

 

2013.7.22

いとうあき