月別アーカイブ: 2016年10月

イタリアで見つけたとっておきのファーストシューズ

 

個性的でちょっと奇抜なデザインが有名なハイブランド、FENDI。

FENDIの歴史をひも解くと

1925年フェンディ夫妻によってローマの小さな皮革製品の店と毛皮工房でスタートし

創始者の娘・フェンディ家の5姉妹も加わることで発展を遂げてきました。

毛皮から始まったブランドは、素晴らしいデザイナーを迎え入れ

そして世代が替わってもうまく革新を続けながらその輝かしい歴史を刻んできました。

 

そんなFENDIのキッズベビーラインは

イタリアの最高級キッズブランド「シモネッタ」とコラボレートしています。

上質素材にこだわり、子供が生き生きと可愛らしく見えるデザインが特徴です。

商品というより作品と言った方がいいかもしれません。

アート作品のような完成度の高いアイテムで、見ているだけで楽しくなります。

img_6675

こちらのファーストシューズはFENDIのモチーフである

モンスターがあしらわれています。

皮製品の工房からスタートしたFENDIらしい贅沢なオールレザーのファーストシューズ。

革はたくさんの繊維でできているため、とても 丈夫で長持ちします。

革特有のしっとりとした感触も、繊維構造から生み出されているそうです。

また、革は呼吸をするように周りの環境に合 わせて水分を調節するため

身に付ける ときに快適な環境を保ってくれます。

体温の高い赤ちゃんもレザーシューズなら快適に過ごすことができるのです。

img_6676

イタリア革の人気が高いのは伝統を重んじる名門タンナー(革の卸業者)が多く

しのぎを削り常に新しい革質や色を世に 送り出してきたからと言われています。

また、上質な皮革を生み出す製法など1000年も続く伝統製法を守り続けています。

だからこそしっとり柔らかい質感と繊細な色遣いを楽しめるのですね。

img_6681

デザイン性が高いだけではなく機能性も十分です。

これなら靴を履かせるのも楽々♪

お出かけがますます楽しくなりそうです。

img_6686

赤ちゃんの成長の証をお祝いするファーストシューズ

履く時期は一瞬であっても思い出は永遠。

是非履き終わった後も大切にとっておいて

成人式など人生の節目に再度プレゼントしてあげてください。

きっとお子さんは

どれだけ大切にされてきたか

改めて自立することの意味

などたくさんのことを感じると思います。

贈る方の気持ちがいっぱい詰まった特別なギフト、ファーストシューズ。

with Bでは贈り手の想いと共にお届けします♪

2016.10.25

いとうあき

img_6679

レアでキュートなファーストシューズならwith B

 

赤ちゃん連れでも楽しめるレジャースポットvol.3~自衛隊観閲式総合予行~

 

私事で色々ありましてブログの投稿が1年半ぶりになってしまいました・・・

その話はまた追ってご紹介できたらと思います。

久しぶりにお読みいただいている皆さま、ありがとうございます。

 

さて秋の行楽シーズン到来

のわりにはお天気の悪い週末が続いていましたが

みなさんはどちらかへお出かけされましたか?

今日は乗り物大好き!なお子さんに特におすすめのお出かけ先をご紹介したいと思います。

それは・・・

自衛隊の観閲式

観閲式とは自衛隊の式典及び総合訓練のこと。

今年は朝霞駐屯地で3年に一度行われる中央観閲式が10月23日に行われます。

その予行演習が10月16日(日)に行われました。

予行演習と言っても本番を想定しての訓練なので

27部隊、約4000人の自衛隊の隊員

航空機50機、自衛隊車両280両が参加。

dsc_1882

式は10:30~12:10ですが開門は7:00

チケットの色によって入るゲートが違うのですが

私がいただいたチケットは緑(一般)で9時過ぎに到着したにも関わらず

手荷物検査を受けるための長蛇の列に並ぶこと1時間強(ペットボトルや水筒は持ち込めません)

会場内に入れたのは10:00過ぎでした。

じっと待っていなければならないので小さなお子様連れには大変だと思います。

ちなみに今年は手荷物検査場に向かって左手の列のが進みが早かったです。

また、ベビーカーは特別ゲートが用意されているので

一般の方よりは少しだけ早く検査してもらえます。

img_6811

会場内に入ると装備品展示スペースがあり

たくさんの戦車や装甲車が並んでいます。

img_6813

子どもでなくてもテンション上がります↑

近くに自衛隊員さんがいるので聞きたいことがあれば聞ける雰囲気でした。

img_6812

また売店も出店しており自衛隊の特殊車両のミニカーや

海軍カレーパン(お土産に買っている方が多かったのでおいしいのかも!?)

ファミリーマートのおにぎりやパン飲み物等もありました。

私たちが到着したのが10時過ぎということもあり

既に席はなく立ち見することになりました。

img_6755

img_6805

なので観閲式はとお~くに見えるだけなのですが

観閲式にこれから参加する車両が移動するところを

間近で見ることができました。

img_6764

正直自衛隊車両には興味がなかったのですが

実際間近で見ると心躍りました(単純)

戦車は意外にもスピードが出るし、すごい爆音を轟かせて前進します。

そしてびっくりしたのが排気ガスの量、気付いたら顔が黒くなっていました。

というわけで立見席ではタオルは必需品です。

img_6770

img_6773

落下傘部隊もあっという間に降りて来ました。

img_6791

そしてそして大好きな航空機も!!!

きれいな隊列はどのように作るのでしょう。

次から次へと航空機が飛来し感動!

一度にたくさんの人を輸送できるCH-47Jや

img_6782

P-3C

img_6796

F-15等々

img_6802

速すぎてうまく撮影できず・・・

キッズよりパパママが大興奮してしまうかもしれません。

尚、観閲式はもちろん、この予行演習でも入場券が必要で

防衛省や自衛隊の知り合いからチケットをもらうか

地元(朝霞や新座和光など)の自治体で配布するチケットを入手するか

防衛省のサイトから応募することもできるそうです。

また、痒い所に手が届く自衛隊!

迷子センターはもちろん赤ちゃんのおむつを替えるスペースまで用意してありました。

さすがです。

img_6810

これならお子様連れでも安心ですね。

 

そして最後に、、、プチ情報

この時期になると観閲式の訓練のため(だと思うのですが)

各駐屯地から朝霞駐屯地へ向かう自衛隊車両が

国道254(川越街道の成増や下赤塚辺り)を走っています。

戦闘車や装甲車、バイク隊等も一般道を走っているので

見られたらラッキー♪

狙い目は午前中です。

小さなお子さんならこれで十分かも(笑)

 

2016.10.20

いとうあき

img_6613

お出かけにおススメのアブソーバフード付きコートならwith B