カテゴリー別アーカイブ: シンガポール

シンガポール英語はあまちゃん風!?シングリッシュの魅力

 

みなさんはシンガポールと聞いて何を思い浮かべますか?

美しいグリーンシティーや

ウォーターフロントに立つマーライオン

すっかり有名になったマリーナベイサンズホテル

シーフードなどのアジアン料理や

お買い物天国?

はたまた厳しい罰金制度でしょうか。

私の中での1番は・・・

シングリッシュ」です。

なぜなら私がフライトをしていて

最も苦労したことの1つが「シングリッシュ」

(シンガポール風イングリッシュのこと)

だったからです。

多民族国家のシンガポールは多言語国家。

英語が公用語なのですがその他に

マンダリン、マレー語、タミル語・・・

を話す人も多く、シンガポーリアンの多くが

バイリンガル、マルチリンガルなのです。

 

シンガポール

 

<シングリッシュの特徴>

シンガポール建国後すぐに政府は国の政策として

多民族が一緒に暮らすにはコミュニケーションが取れる

言語が必要で、その共通語は中立的なもので

なくてはならないということから英語を選択。

また英語を話せればビジネスも国際化する

ということで、教育も英語教育に変えたのです。

そんなシンガポーリアンが話す英語は

英国英語にも米国英語にもオーストラリア英語にも

似ていない独特の英語。

もともと英語を母国語にしていたわけではないので

使い手が話しやすいように変化しているのです。

 

<特徴1>イントネーション

特に中国系の気質が大きく影響して

イントネーションが中国語風なのです。

私はシングリッシュを初めて耳にした時に

なんで中国語をしゃべってるんだろう?

と思ったくらいでした。

文章では説明しにくいのですが

母音の発音が強く、語尾にアクセントがくる傾向。

たとえば「It’s better」のイントネーションは

ッツ・ター」だと思うのですが

シングリッシュでは

「イッ・ベタア」となるのです(笑)

東北弁で英語をしゃべる感じ

いやいや、あまちゃんが英語をしゃべってる感じを

想像していただくと分かりやすいと思います。

 

<特徴2>簡略化&超早口

無駄を省く合理主義的考えは

言葉にも表れ簡略化が主流です。

たとえば「いる?いらない?」を私たちは

「Do you need it or not?」と習っていますが

シングリッシュでは

「Need or no need?」

しかも日本語で書くと

「ニーオアノーニー」

語尾の発音が・・・ない(笑)

語尾に付くD,T,K,Gなど

単語の最後の子音は発音しません。

「オーチャード・ロード」は

「オーチャー・ロー」

「Want or don’t want?」(ほしい?ほしくない?)は

「ウォン・オア・ドン・ウォン?」

そうです、とっても合理的な彼らは

1分1秒も無駄にすることが嫌いなようで

とっても早口なのです。

思いっきり簡略化するからワンセンテンスが短く

ワンセンテンスが短いから早口になる。

その目まぐるしいスピードに全くついて行けない私。

日本語だって早くしゃべれない私が

英語を早口でしゃべるなんてできないのです!

私のゆっくりした英語でどれだけシンガポーリアンを

イラつかせたことでしょう(笑)

そういえば「遅い遅い!」と

いつも怒られていた気がします。。。

この早口だけは慣れませんでした。

 

<特徴3>繰り返しの言葉

繰り返し言葉が多いマレー語の影響を受けたのか

シングリッシュではよく言葉を繰り返します。

たとえば「Can can!」(できるできる!)は

1日に1度は聞く言葉でした。

そう、犬みたいでかわいいのです!

すぐに使いたくなります。

他にも「Take take」(もってけもってけ)

「Come come」(来て来て)

も頻繁に耳にします。

 

 

<特徴4>言葉の最後にとりあえず「ラ」をつける

「lahラ」は、日本語の「~ね」や「~よ」に相当する

別段なんの意味も持たない語尾。

もともとは中国語の語尾「拉」または「了」

マレー語の語尾「ラ」からきたのではと

諸説あります。

使い方は

「OK」は「オーケーラ」

「No」は「ノーラ」

「Thank you」は「サンキューラ」

とりあえず言葉尻に「ラ」を付けると

シングリッシュを話している感じになり

「ラーラー」言ってると喜ばれます(笑)

 

<特徴5>単語の並べ方にはこだわらない

英語は文法に沿って単語を並べるものですが

シングリッシュはそんな小さなことにはこだわりません(笑)

たとえば

「 Over 100 dollars」(100ドル以上)と言いたい時

シングリッシュは「100 over dollars」

または「100 dollars over」でもOK。

文法を間違ったらどうしよう等と無駄な心配せずに

英語を話せる環境は有難いものでした。

 

シンガポール2

 

今や日本も大手企業では英語が公用語。

グローバリズムはますます加速していくことでしょう。

島国で暮らしてきた私たち日本人は

他言語に限らず他民族、他文化を受け入れる

ことが得意ではないと思います。

そんな日本はシンガポールに倣うところが

あるはずです。

シンガポールで生活して「言葉は生き物」

だということに気付きました。

人々の暮らしの中から生まれるもの。

私たち日本人も美しい日本語を大切にしながら

新しい言葉を受け入れ、使いやすいように

変化させていく、その柔軟さも見習わなくては

いけないなと私は思っています。

シンガポールへご旅行の際は

「シングリッシュ」もあわせてお楽しみください。

 

2013.9.9

いとうあき

にほんブログ村 ファッションブログ ブランド子供服へ
にほんブログ村


ベビーファッション ブログランキングへ

シンガポールの芸名社会に身を置いたら

 

 

昨日は名前が人の性格を左右する

という記事を書いたのですが

http://www.with-baby0-3.com/baby/power-of-name.html

名前にまつわる忘れられない話が

あるので今日はそれをご紹介します。

 

シン

 

 

フライトの中で

一番最初の関門は

クルーの名前を覚えることでした。

空港内に出社し、調べものを終えると

一緒に働く人たちを探し出し

自己紹介をして握手します。

日本人は班などのグループがないため

毎回知らないクルーと(数千人いるため

ほとんどが初めまして)

飛ぶことになるのです。

そして挨拶時にそのクルーの特徴と呼び名を

メモ帳に書き留めるのです。

例えば

ショートヘア・・・アンドレア

背高い・・・ポール

おかっぱ・・・サンドラ

犬顔・・・マイク

等々。

なぜこんなに必死かというと

必ず同僚を名前で呼ばなければ

ならなかったのです。

名前を忘れて

「E,E,Excuse me・・・・」

とでも言おうものなら

ギロッと睨まれ

「私の名前はエクスキューズミーではない!」

と一喝されてしまいます。

その怖さと言ったら・・・・

戦慄が走ります。

 

氷

 

 

そのため必死になって覚えなければ

ならなかったのです。

しかも困ったことに上記の方々

本当の名前はTanさんだったり

Wongさんだったり本名と本人の顔からは

全く想像できない名前をお持ちなのです。

つまり、私いとうあきが「グレースと呼んで」

と言っているのと同じこと。

クルー名簿には本名ITO AKI

と書かれているのに「グレース」と

呼んでもらう、ということです。

そして大きな飛行機には17名が乗務するため

未だかつてこんなに脳を働かせたことがない

というほどフル稼働させなければなりませんでした。

 

ハム

 

 

 

そんなある時、なぜみんな英語名を名乗りたがるのか

勇気を出して聞いてみました。

すると「中国語名は中国系以外の人には

覚えにくいから」、というもっともな理由が

返ってきたのです。

シンガポールは

中華系77%、マレー系14%、インド系8%

の多民族国家のため他民族への配慮として

英語名を使っていたのでした。

ではどうやって英語名を決めたの?

やっぱりご両親につけてもらうの?

と質問すると

有名人と同じ名前がよかったから。

なんとなくかわいかったから。

そして

友達につけてもらったという人や

自分でつけた人がほとんどでした。

 

 

 

 

またマレー系は苗字を持たないため

「エドリン・ビン・モハマド」という男性が

いたとすると

「エドリン」が彼の名前

「ビン」は~の息子の~

「モハマド」は彼の父親の名前

のため

「モハマドの息子のエドリン」という

意味になります。

「シーラ・ビンティ・イズマイル」という

女性がいたとすると

「シーラ」は彼女の名前

「ビンティ」は~の娘の~

「イズマイル」は彼女の父親の名前

のため

「イズマイルの娘のシーラ」

ということになります。

祖父や曾祖父が名誉称号などを授かった

良家の出になるとさらに名前は長くなり

呪文のような名前になってしまうため

略名で生活しているとのこと。

 

 

クマ

 

このクルーたちの名前はもちろんのこと

フライトが始まると

ビジネスクラスのお客様30名様分のお名前も

覚えなければなりませんでした。

がんばってたなぁ。。。。私。。。

 

 

101

 

数年後、台湾の航空会社に転職すると・・・

なんということでしょう!!!

お名前を覚えなくていいではありませんか!

チーフのことは「チーフ」と呼べばよく

一緒に働く女性クルーには「姐姐(ジェジェ)」(おねえちゃん)

男性クルーには「大哥(ターグゥ)」(おにいちゃん)と

家族のように呼び合うことができ

名前を覚えなければならない

というプレッシャーや労力から

完全に解放されたのでした。

 

虹

 

 

今でもたまにお名前プレッシャーの夢に

うなされることがあるので(笑)

人生の大変だったことの1つに

まちがいなくエントリーされていると思います。

 

2013.8.16

いとうあき

シンガポールでシェアハウスをするということ 後編

 

シンガポールでシェアハウスをするということ 前編↓

http://www.with-baby0-3.com/singapore/room-share-in-singapore.html

 

 

前編からのつづき・・・

22年間実家生活に胡坐をかいていたため

「住むところ」について考えたこともなかった私、

1日で22年分の「住」を考えさせられました。

そして遠くに離れ、改めて

親のありがたさに気付いたのでした。

 

 

 

家探し2日目

昨日とは違う不動産屋さんの登場です。

事前に

・築5年以内の物件であること

・空港に近いこと

・近くにスーパーがあること

などの要望を伝えていたため

拍子抜けするほど簡単に

素敵な物件と出会うことができました。

「ここがいい!」

と満場一致の即決でした。

昨日の大切な時間、そして

無駄な疲れは何だったのでしょう・・・

いやいや、昨日の残念な物件たちの

おかげですんなり決められたのかもしれません。

人生に無駄なことなどないのです。

 

 

88-1

 

 

そこは戸建て住宅の並ぶ高級住宅地。

大きな通りから少し奥まったところにあり

ゴルフ場に面したとても静かな場所でした。

リビングの窓を開けて外に出ればそこはプールサイド

わざわざ水着を持って出かける必要がないなんて

幼少期に庭で遊んだビニールプール以来です。

とはいえ、1年間にプールで泳いだのは数える程度。

そういえばわたし、、カナヅチでした(笑)

 

 

88-2

 

低層コンドミニアムの1階にある

私たちの家は3LDK。

メインベッドルーム1つとサブベッドルームが2つです。

メインのお部屋は広く、バス、トイレ付きですが

サブのお部屋は少し狭く、トイレやシャワールームも

2人で1つを使わなければなりません。

 

シャワー

 

 

 

日本のシャワーは水圧もちょうどよくとても快適ですが

海外のシャワーは難ありなことが多いので要注意です。

シンガポールもご多分に漏れずその残念なパターンでした。

お湯は小さなタンクの中で作られるため

限られた量しか出てきません。

そのため一人がシャワーを浴びた後は

数時間待たなければお湯は出ず

気づかずに入ってしまうと水シャワー(滝行かっ!)

を浴びることになってしまいます。

お風呂大好きしずかちゃんは日本でしか

生活できない環境でした。

そのため払うお家賃の金額を変え(メインの子が多く払う)

不公平さをなくしました。

 

 

 

 

日本でお家探しをする時は

ガランとしていて何もない部屋を見ることになり

家具などは全て自分で揃えるのが一般的ですが

外国ではそのお部屋に合わせて

インテリアコーディネートされていたり、

捨てるのはもったいないからということで

前に住んでいた人が置いていくこともあり

家具、家電も備え付けのものがあることが多いのです。

 

 

 

3人でルームシェアをしていたので

誰が何を買うという分担などもいらず、

センスの問題で、もめることもなく

時間のない私たちにとって

自分の部屋に必要なものだけを

買えばよいという環境はありがたいことでした。

カーテンなど備えつけられていなかったものは

大家さんに交渉すれば付けてくれるのですが

「ピンクがいい!」と言ったのに

届いたカーテンはうすいグリーン・・・

いやいやつけたカーテンでしたが

見た目に涼やかで、目にも優しく

数日後にはすっかり気に入っていました。

 

a2

 

そんな引っ越し初日の夜

我が家にはじめて来たお客様はヤモリでした。

正確にはイモリだかヤモリだかわかりません。

ただ、ヤモリ=家守で縁起がいいかなと思い

そう呼びました。

外へ逃がしたいのですが気持ちが悪すぎて触れず

近づくと逃げてしまうので諦めました。

1年後、私は高層のコンドミニアムへ引っ越したのですが

9階でもヤモリは登場してくれました。

そのおかげですっかり気にならない存在になりました。

人間、慣れるものですね。

それにしてもヤモリって何を食べて生きてるんだろう。

数年間ヤモリと一緒に生活したのですが・・・

彼らの謎はひとつも解けないままでした。

 

やもり

 

 

そんなこんなで無事3人と数匹(のヤモリ)の

ルームシェア生活が始まりました。

無事住む場所が決まり、

ホッとしたのも束の間。

その後には恐ろしい訓練が

待ち受けていたのですが。。。

そのお話はまたいつか。

 

 

2013.7.30

いとうあき

シンガポールでシェアハウスをするということ 前編

 

最近日本でもシェアハウス」

の人気が高いようです。

驚いたことに、男女がひとつ屋根の下に

暮らすスタイルが人気だといいます。

実は私も10年ほど前まで「シェアハウス」の住人でした。

 

シェアハウス

 

 

大学を卒業して入社した会社が

シンガポールベースの会社でした。

憧れの客室乗務員、

そして憧れの会社ではありましたが

大学を卒業するまで親元を離れたことのなかった私は

はじめての一人暮らし(ルームメイトはいますが)

しかも行ったこともない遠い異国の地ということで

気の弱い(当時)22歳(当時)

不安に押しつぶされかかっていました。

シンガポールへ出発する日は

家族が成田空港へ見送りに来てくれたのですが

飛行機に乗るまでずーっと、ずーっと泣いていました。

周りを見ると唯一もう一人泣きはらした

目をした子(後のルームメイトになります)がいて

少しうれしくなって近寄り、隣の席に座りました。

涙にくれる仲間がいることで少し元気を取り戻し、

機内食を完食。

隣の子の残したニンジングラッセちゃっかりもらい

「・・・今日一番の笑顔だね」と

力なく言われました・・・

 

ニンジン

 

 

シンガポールに到着して1週間は

ホテルが用意されており

快適に暮らせるのですが

数日の間でこれから暮らす家を

探さなくてはなりません。

なぜなら会社の訓練(研修)スタートが

数日後に迫っており、訓練が始まると

テスト漬けの毎日から

家探しどころではなくなるからです。

 

 

HDB

 

シンガポールは東京都23区ほどの大きさしかない土地に

500万人の人が暮らすため

全ての土地の権利はにあります。

借地権というものは存在しますが

99年とか最高でも999年まで。

民主主義の社会主義国家と呼ばれる所以ですね。

そのため一戸建てに住める人は

超のつくお金持ち。1%もいません。

国民の多くは「HDB」と呼ばれる

公団住宅に暮らしています。

日本の団地とは違い、10~30階建ての

高層建築です。

またHDBが集まってできたニュータウンでは

中心にMRT駅や「ホーカーズ」

と呼ばれる集合屋台などもあり

とても便利です。

 

ホーカーズ

 

 

しかし、人生最高の?贅沢をしたいよね!願望は強く

エントランスはホテル並み

天井が高くひろ~ーいお部屋に住み

プール付き、フィットネスジム付きで

セキュリティーのしっかりしている

(といっても住人でなくても

にこやかに手を振ると満面の笑みで顔パスさせてくれる

気のよい守衛さんばかり・・・

守衛さんのお仕事は笑顔で手を振ること)

コンドミニアムを借りて住むのが

日本人クルーの間では一般的でした。

 

 

コンド

 

シンガポールのコンドミニアムは

一人暮らし用の部屋が少なく(ほとんどありません)

ファミリー向けの2LDKや3LDKが主流です。

そのためお家賃を考えても、部屋の数を考えても

ルームメイトとシェアをして

住むことが得策なのです。

 

がま口

 

 

 

私たちの期では日本人の同期が14人おり、

突然知り合った人の中から

ルームメイトを決めなければなりません。

それでも新卒入社の私たち。

歳も近いため、すんなり2~3人でグループを

作っていました。

 

コンド2

 

 

家探し1日目は、会社が手配してくれた

不動産屋さんとコンドミニアムを見て回りました。

あまりピンとくる物件がなく

唯一いいかなと思ったところは

みんなもいいと思うため、じゃんけん。

もちろんじゃんけんに負けてふりだしにもどる・・・

結局1日目は収穫がないまま終わりました。

家を探せなかったらどうしようという焦りと

ホームシックと

シングリッシュ(英語がシンガポール訛り)

が中国語にしか聞こえないという絶望から

人生で一番疲れた1日になりました。

 

うなだれる

 

つづく→

 

2013.7.29

いとうあき

世界で一番理想的な動物園

 

観光立国シンガポールにはたくさんの

観光アトラクションがあるのですが

今日は私のイチオシ

「シンガポール動物園」と「ナイトサファリ」を

ご紹介します。

 

Singapore ZOO

http://www.zoo.com.sg/

Night Safari

http://www.nightsafari.com.sg/

 

 

 

シンガポール動物園は1973年に

オープンして以来

世界で一番理想的な動物園

と言われています。

それは、肉食動物や大型の草食動物には

生まれ故郷の環境を再現したひろ~い住処を与え

オリや柵を使わず、小川や垣根だけで

動物と人との間に最低限の境をつくっているからです。

幅2メートルほどの小川を挟んだだけのところに

ライオンがいる!!という感動は

日本ではなかなか味わえません。

 

 

 

小型の草食動物たちは放し飼いにされています。

時には道の真ん中にワヲキツネザルがどで~んと座っていたり

食事をしているとリスざるがちゃっかり盗み食いに来たり

と行くたびに違う顔を見せてくれる動物園なのです。

 

 

 

そんな中、私が特に惹かれたのが

「コビトカバ」でした。

その名のとおりカバが小人なのでコビトカバ。

絶滅危惧種とされる動物で主に西アフリカに生息しています。

普通のカバの10分の1ほどの体重しかなく身軽なため

水の中をわがもの顔で走っています。

必死で水中エクササイズをしているのに

痩せないという点で親近感がわいたものでした。

 

 

 

そして一番恐ろしかったのが「カンガルー園」。

オリがないはずのパーク内に突如現れた金網の壁、

そこがカンガルー園です。

オリの中に人間が入れるようになっていて扉を開けると

見渡す限りカンガルーで埋め尽くされています。

カンガルーのパラダイスにカンガルーたちは

恍惚の表情を浮かべていました。

赤ちゃんが見たいな~♪と、近づいてみると

思いのほかカンガルーが大きい!

かわいいと思っていたカンガルーでしたが同じくらいの身長で

威圧感を感じ、か、か、かわいいのかな?と

はてなマークが点灯したところへ

ものすごい勢いでジャンプしながらこちらへくる輩が・・・

そう、私はカンガルーに轢かれかけたのでした。

大きくジャンプしながらやってくるので

1歩が5メートルくらいあり、迫ってくるスピードが速いのなんの。

カンガルーも勢いに身を任せる中で急ブレーキをかけることは

難しい様子。

命の危険を感じた瞬間でした。

「カンガルーに轢かれた女」として新聞に載る自分の哀れな姿が

脳裏をかすめましたが、間一髪・・・轢かれずにすみました。

 

こんな迫力満点はいらない。。。と唯一思ったのが

カンガルー園でした。

 

 

 

 

動物たちの大半は夜行性であることが多く

昼間、動物園に行っても寝てばかりで

がっかりということも多いですよね。

そんな声にこたえてオープンしたのが「ナイトサファリ」です。

シンガポール動物園と隣接しており、

こちらも柵やオリのない設計となっています。

 

 

 

こちらは主にトラムという長いバスのようなものに乗って

園内を一周します。

日本語で説明してくれるトラムもあるので

英語に自信のない方でも安心です。

草食動物のエリアでは動物たちが放し飼いになっている

中をトラムが進むため、サファリドライブのような

感覚を味わうことができます。

また、昼間はグーグー寝ているトラたちも

夜になると目がランランと輝き

密林の王者の風格を漂わせてくれます。

 

 

 

私のナイトサファリでのお気に入りは

「マメジカ」です。

まめじか

手足がマッチ棒のように細く

やっとこさ自分の体重を支えています。

そのため手足がプルプル震えていたりして

その一生懸命な姿に胸を打たれます。

 

 

 

 

 

驚きと感動の連続の動物園

日本では見られない動物たちの真の姿が

見られると思います。

ご家族でもカップルでも、もちろん一人でも楽しめる

シンガポールイチオシスポットのご紹介でした。

 

 

PS:動物園が大好きな私のために

あつ~い中いつも付き合ってくれた

ルームメイトに心から感謝しています。。。

 

 

2013.7.24

いとうあき

シンガポール流 酷暑の乗り切り方

暑いあついアツ~い夏

みなさんはどのように

のりきるタイプですか?

 

夏は汗を出してナンボと

意地でもクーラーをつけず

果敢に立ち向かうタイプ

 

クーラーでガンガンに冷やし

夏でもお布団にくるまって寝たい

完全敗北宣言タイプ

 

 

色々なタイプの方が

いらっしゃると思いますが、

シンガポールに暮らした経験から

赤道直下直伝の夏の暮らし方を

ご紹介いたします。

 

 

・昼間は外に出ない

当り前のことなのですが

驚くほど現地の人は実践しています。

炎天下の中を歩く人は皆無。

涼しくなった夕方にお買い物にでかけています。

 

・お昼寝をする

夜も暑いので熟睡できず

身体は疲れを引きずっています。

10分程度お昼寝をするだけで

効果的と言われています。

アメリカでは「パワーナップ」とも呼ばれ

多くの外資系企業が取り入れています。

 

 

・辛いもの、熱いものを食べる

シンガポールのレストランに行くと

酢漬けの唐辛子が出てきたり

テーブルには様々な種類のチリソースが置かれ

お料理にドバドバかけては

涼しい顔をして食べています。

辛いもの、熱いものを食べてわざと汗を出し、

汗が体温を奪いながら蒸発することで涼しくなる

効果をねらっているそうです。

 

 

 

・自然素材を利用する

シンガポールのお家の床が大理石でした。

決して大豪邸に住んでいたわけではなく

どの家にお邪魔してもひんやり大理石の床でした。

日本で大理石の床にしてしまうと冬が寒々しく

お値段も高くついてしまうため

難しいとは思いますが

お水を飲む時もプラスチックのコップではなく

涼しげなグラスを利用する

お洋服も化学繊維入りのものではなく

コットン100%や麻素材のものを選ぶなど

自然素材にこだわってみてはいかがでしょうか

 

 

今年も暑い夏が始まりました。

熱中症に十分気を付けてお過ごしくださいね。

 

 

SQ

ちなみに私ではありません。

 

2013.7.10

いとうあき