明けましておめでとうございます

 

明けましておめでとうございます。

2014年はたくさんのよい出会いをいただいたことに

改めて感謝した年でした。

今年はお客様、友人、家族、自分を

そして当たり前の毎日を

大切にする1年にしたいと思います。

今年もwith Bをよろしくお願いいたします。

 

 

新年初のブログは

「お母さんは今日もあなたが大好き」というタイトルで

Yahoo知恵袋に投稿されていた文章をご紹介します。

『小さいお子さんのいらっしゃる方々の話題を拝見して

思い出したことがありました。

自転車の後ろにつけていた子供用座席のことです。

うちの息子は中学生になりましたが、あの子が小さい頃は

今のようにいろんな種類のおしゃれな子供用座席ってあまりありませんでした。

金属製のカゴのような、簡単なものです。

息子が小学生になった時、もう、乗せることはないからと

その座席をはずしたんです。

長く使っていたのでいたるところが錆び付き

ドライバーを使ってもなかなかはずれない。

必死になってはずしながら一息ついたとき急に涙が溢れてきました。

私は車の運転が出来ないので、息子とどこかに行く時には

いつでもこの自転車と一緒でした。

具合が悪くて小児科に行く時、寒くないようにバスタオルで息子をくるんでここに乗せたな

幼稚園バスに乗ると気持ちが悪くなるからと

毎日二人で歌を歌いながら幼稚園に向かったな

春は桜を見上げながら、

夏は汗びっしょりになって、

冬はだるまさんのようにモコモコにさせて、

いつも二人、この自転車と一緒だったな・・・。

「ママ、あのね・・・」

「ママ、おなかすいた」

背中から、いつも息子の声がしました。

毎日何気なく、当たり前のようにしていたことがもうできないんだ

と思ったら 涙が止まらなくなりました。

早く大きくなればいいのに、何でも一人でできるようになればいいのに

早く自分の時間がほしい、早く・・・。

ずっとそう思っていたはずなのに、本当に寂しかった。

今はどんなに望んでも、あの頃に戻ることは出来ません。

錆び付いたカゴがとても愛しいものに見えました。

長い間、ありがとう。

これからもママがんばるよ。 そう言ってさよならしました。

今、子育て真っ最中のお母さん、毎日大変だと思いますが

今しかできないこと、お子さんといっぱい思い出を作ってくださいね。』

 

 

せわしない日々が続くと当たり前の毎日がくすんで見えることもあると思います。

私が客室乗務員をしていた時も、飛行機に乗ることが当たり前になり

モチベーションを保つことが難しいこともありました。

そんな時にいつも思い出していたのは

私たちにとっては1000回のうちの1回かもしれないけど

お客様にとっては初めてのことかもしれない

人生最後の旅かもしれない

特別な事情があって乗っているのかもしれない

全ての人に「旅物語」があるのだということを忘れてはいけない

一期一会の精神で務めるようにという言葉でした。

当たり前の毎日は見方を変えるだけで輝くのです。

幸せはもう手の中にあるかもしれません。

2015年もみなさんにとって素晴らしい1年になりますように

2015.1.8

いとうあき

IMG_5448

とびっきりキュートでおしゃれな出産祝いならwith B↑

おかげさまでブランド子供服↓

ベビーファッションブログ1位となりました。

皆さまのご協力に感謝申し上げます!

こちら↓のボタンを1日1回クリックして応援していただきますと励みになります。
にほんブログ村 ファッションブログ ブランド子供服へ
にほんブログ村


ベビーファッション ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です