心の健康のために大切な2つのこと

 

人間は生まれた時

言葉を持っていません。

赤ちゃんの感情表現は

「泣く」と「笑う」の2種類だけです。

そこからスタートした私たち人間が

「泣く」と「笑う」に影響を受けないわけがない

というのはお馴染みの脳科学者

黒川伊保子さんです。

この2つの行為は脳にとって

非常に特別な行為なのだそうです。

 

涙

私たちが「泣く」(涙を流す)時

脳の中ではある出来事が起こっています。

実は「ロイシンーエンケファリン」という

脳内麻薬が分泌され

そのおかげでパニックに陥らずにすむのです。

その効果は絶大だそうで

泣くだけで全てを流し去ってしまうほどの

パワーを発揮するとのこと。

実は私、面接中に泣いたことがあります(笑)

久しぶりの面接で緊張しすぎたのと

熱い想いを伝えたくて感情が溢れてしまい

脳がパニックをおこしたのかもしれません。

それを鎮めたのが涙・・・

面接官の目がまんまるになっていたのが

忘れられません(笑)

一方「笑い」はというと

顔の表情筋を「笑う」形に動かすだけで

直接情動に作用します。

笑顔を作るだけで人間は楽しい気分になったり

ポジティブになったり、リラックスしたり・・・

するそうなのです。

たとえば、ものすごく怖い思いをした時に

「怖すぎて笑っちゃった」という経験はありませんか?

これもパニックに陥らないように

無意識のうちに脳がバランスをとっている

そうです。

 

2赤ちゃん

 

日頃の育児疲れやストレスなどで

なんとなくモヤモヤとしてきたら

その時の特効薬は「泣くこと」「笑うこと」

泣ける映画のDVDを借りてきて

気分に浸るだけではなく

その時はワンワンと大声を出して

涙と共に嫌な気分を洗い流しましょう。

また「最近楽しいことないなぁ」と思ったら

鏡の前で笑う練習をしてみましょう。

表情筋が動くことで脳が反応し

スッキリしてくるはずです。

辛いことがあった時

客室乗務員という仕事が

私を救ってくれたことがありました。

それは気分がふさぎ込んでいても

笑いたくなくても

笑顔でいることが仕事の一部であるため

笑わなくてはいけなかったからです。

無理やり笑顔をつくっているうちに

心が軽くなっていくのを実感しました。

強制笑顔は本当に効果があります。

是非お試しください。

 

2013.10.8

いとうあき

おかげさまでブランド子供服↓

ベビーファッションブログ1位となりました。

皆さまのご協力に感謝申し上げます!

にほんブログ村 ファッションブログ ブランド子供服へ
にほんブログ村


ベビーファッション ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です