これを読めばみんなHAPPYになれる!?手に入れた幸せを持続させる唯一の方法教えます

 

昨日はあま~いケーキは女性を幸せにしない↓

http://www.with-baby0-3.com/health/sweets.html

というお話でしたが

今日は誰もが求める幸せの正体を

探ってみたいと思います。

世界幸福度ランキングでも常に下位を爆走中の

日本。。。

どうしたら私たちは幸福感を持続させることが

できるのでしょうか。

 

クローバー

 

「幸せになりたいですか?」

と聞かれて、なりたくないと答える人は

いないと思いますが

「どうなったら幸せ?」

と尋ねられたら何と答えますか。

赤ちゃんを産むこと?

思いがけぬ出世?

宝くじで大当たり?

確かにどれも一時的にはとってもうれしい

に決まっています。

しかし人の心理は複雑で

必ずしも「幸福感だけ」を味わうわけでは

ないようなのです。

アメリカで行われているストレス研究によると

「出産」「昇進」「大金獲得」といった

輝かしい出来事は喜びという感情だけでなく

同時に大きなストレスになることが明らかになっている

とは心理学者の植木理恵さん。

心理学では人が感じるストレスの大きさを

地震になぞらえて「ストレス・マグニチュード

と呼んでいるそうです。↓

 

ストレス100   肉親の死

ストレス73    離婚

ストレス53    病気

ストレス50    結婚

ストレス47    リストラ

ストレス45    長期休暇

ストレス39    家族が増える

ストレス38    大金が舞い込む

ストレス37    友人の死

ストレス36    昇進・出世

ストレス35    夫婦喧嘩

ストレス31    借金

ストレス28    著しい成功

ストレス20    転居・転校

 

肉親の死や離婚等など

マイナスのことだけではなく

結婚や昇進、長期休暇など一見ポジティブで

幸せな出来事がストレス源だったなんて!!!

そしてみんな、「幸せになりたい!」と思って

がんばっているのに

幸せを手に入れたとたんに「不安になる」あまのじゃく。

これはいったいどういうことなのでしょうか。

 

結婚

 

実は私たちの「幸福感」と「恐怖感」は

常にワンセット、表裏一体なのだとか。

私の周りにも結婚したのだけど

「幸せすぎていつかこの幸せを失うのではないか

怖くてたまらない」と言っている人がいて

びっくり目を丸くしたことを思い出しました。

また、ダイエットとストレスの関係を調べた

データを見てみると

体重が順調に減っていく過程では

不思議とストレスは大した強さにならず

問題はその後だというのです。

理想体重に到達し

それをキープしていく段階になると・・・

急激にストレス値が上がっていくのです。

わずか数百グラム体重が増えただけで

「また太っちゃったらどうしよう」という恐怖に

涙を流して怯える人をTVで見たことがあります。

ダイエットの成功をきっかけに

摂食障害になってしまう女性が多いのは

ストレスが大きく関係していたのですね。

「ダイエット成功」という幸福感と

「リバウンドしたくない」という恐怖感。

板挟みになってさぞ辛い想いをされているのでしょう・・・

その他にも年収2000万前後の人が

最も心理カウンセリングを利用する

というデータもあるそうです。

華やかな生活をしているにも関わらず

現状から落ちてしまうことを恐怖に感じ

実際、少しでも仕事がうまくいかなくなると

「もうダメだ・・・」と思いつめてしまうというのです。

わたし、ビンボーでよかった!

このような落ちることへの過度の恐怖感を

精神医学では「貧困妄想」と呼び

うつ病の初期症状の1つと考えるそうです。

つまりセレブと呼ばれる人たちは

常にこの貧困妄想と戦わなければならないわけです。

周囲からも羨望と好奇の目で見られている分

ちょっと失敗しただけでも目立ってしまいます。

努力して勝ち取ったセレブリティ生活のはずなのに

心理的にはかえって「崖っぷちの恐怖」に

立たされてしまう。

なんだかとっても皮肉な話ですね。

残念なことに「幸せ」と「不安」は

常にワンセットでやって来て

私たちは皆、そういう矛盾の狭間に

常に立たされているということになります。

とっても困った問題です。

せっかく手に入れた幸せをキープするには

いったいどうしたらよいのでしょう???

 

ねこ

 

それは、普段から自分の中に

たくさんの「ペルソナ」を準備しておくこと。

「ペルソナ」とは「仮面」のこと。

言い換えれば「キャラ」、

自分の中に複数のキャラクターを内包しておけばいい

ということです。

例えば「お医者さん」。

医学博士→医局長→教授→大病院開業

果ては年収数億円・・・・

このように、まさに最高レベルまで達した時

急に彼のメンタルヘルスは危うくなります。

かなりの確率で「貧困妄想」と

戦い始めなければならなくなるでしょう。

それは「医師」という1つのペルソナしか持たず

それだけにしがみついて生きてきたツケが

まわったのだといえます。

医師という立場で

何か1つ小さなミスでも犯してしまったら

どこにも逃げ場がなくなってしまうのです。

モーレツ仕事人間だったサラリーマンが

リストラされて途方に暮れるのも一緒。

でももし、病院では医者らしく振る舞うけど

家に帰ればあま~いパパ

奥さんとのデートでは王子様気分

友人とは羽目を外して遊び・・・

そんなふうに「医師」「父」「夫」

はたまた「カラオケ愛好家」「漫画オタク」

というように、たくさんのペルソナを持っていて

それを柔軟につけ替えることができていれば

自分を窮屈に追い詰めるようなことには

ならないのです。

職業上の失敗だけで、人生の幸福感の全てが

奪われるわけではない。

裏を返せば職業上の成功だけが

自己実現の全てではないのです。

「医師」としての小さな失敗が「父」や「夫」

としての幸福を崩してしまうわけではないのです。

それを理解している人は何も怖くありません。

失敗を過度に嫌がることもなく

しかも成功した幸福感をキープし続けることができるのです。

 

仮面

 

みなさんの周りで幸せすぎて悩んでいる人や

成功した後の失敗に恐れている人がいたら

たくさんのペルソナを作るとよいことを

教えてあげてください。

日本は世界一安心で安全で

美味しいものに溢れていて

礼儀正しい人の多い

住みやすい国なのですから

幸福度ランキング、上位にまちがいないと

私は思っています。

広い視野とたくさんのペルソナで

幸せをキープさせましょう!

 

2013.9.7

いとうあき


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です