林修の今でしょ講座より「漢方って本当に効果があるの?」

 

先日漢方がおすすめ!と紹介したのですが

タイムリーに昨日、林修の今でしょ講座という番組で

「漢方って本当に効果があるの?」

をやっていました。

帝京大学医学部付属病院の新見正則先生という方が

講師をされていました。

まずはじめに、西洋医学と漢方医学のちがいは

西洋・・・色々な検査をし原因を見つけて治す

漢方・・・体質を変え結果として治す

なので、両方使えばいいのだそうです。

 

 

症状別に漢方が合うものと合わないものがあるそうで

夏風邪・・・漢方が効く

1800年前の文献に葛根というのがあり

昔から使っていたそうです。

西洋医学の風邪薬は眠くなりやすく

漢方は眠くなりにくいというのが特徴のため

風邪っぽいかな?という時にすぐに飲むことができるのが

漢方のよいところ。

ただし、風邪のひき始めにしか効果がなく

汗をかきはじめたら葛根湯は効かないのだそうです。

なぜなら漢方の目的は汗をかかせること

正しい汗を誘導する手段だから。

葛根湯は風邪のひき始めに

ウィルスと戦う力を高めることで風邪を治すのだそうです。

また葛根湯を飲むことで免疫反応を記憶するため

次に風邪菌が来た時にやっつけてくれる効果もあり

予防接種と同じような効果が期待できるとのこと。

ある程度の風邪はあえてもらって

漢方薬で強くなることができる。

だから受験生は本番の手前でどんどん風邪をひいたほうが良い

とも言っていました。

 

 

肩こり・・・漢方は効かない

肩こりは肩甲骨が固定されているから痛くなるのだそうで

水泳などをして、肩甲骨を動かすとよいそうです。

腰痛・・・漢方は効く

中でも芍薬・甘草(シャクヤク・カンゾウ)が痛みに効果的

使う生薬の種類が少なければ即効性があり

急性の疾患に効き

逆に多くの生薬を使う場合は慢性の疾患に効くのだそうです。

慢性の腰痛の場合は

疎経活血湯(ソケイカッケツトウ)がよいとのこと。

また、漢方も副作用があるので注意が必要です。

というのも口から入るもので100%安全なものはないから

とのことでした。

 

 

うつ病・・・漢方より西洋医学の方が効く

西洋の薬はとてもよく効くそうですが

よく効くということは、すごい副作用があるかもしれない

のだそうです。

漢方で使うのは加味帰脾湯(カミキヒトウ)

老眼・・・漢方は効かない

認知症・・・西洋医学にも漢方にも効くものはない。

西洋の薬は症状が緩やかに落ちていくだけで

よくなることはない。

漢方も然り。

ただ、認知症になった方の中で

かんしゃくをおこしたり、攻撃的になってしまう人には

抑肝散(ヨクカンサン)が効果的で

大人しくなるという方もいらっしゃるそうです。

 

 

がん・・・手術前後に漢方が効くものがある

具体的には精神的な疲労や抗がん剤の副作用を

和らげてくれるそうで

中でも気力・体力を回復する漢方が

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)。

がんに限らず大きな手術をする人におすすめだそうで

チョウセンニンジンが消化機能を高め

体力回復に期待でき

オウギが滋養作用や強壮作用に期待できるとのことでした。

また、サイコは慢性疾患に有効だそうで

漢方にはがんに効果が期待できないが

サポートというもう一つの側面があるのだそうです。

そして、漢方で美味しいと思うものは効くのだそうです。

苦くても飲めるのは効くのだとか。

それは体が求めているからで

人によって味の感じ方(体が求めている人は美味しく感じる)が

ちがうからだそうです。

また、お医者さんに直接

「漢方を処方してほしい」というのはありだそうですが

中には漢方嫌いの先生もいるので

電話をして確認してから行くことがオススメとのことでした。

2014.7.30

いとうあき

 IMG_4087

おしゃれで軽いフランス Obaibi Okaidiのくつならwith B↑


おかげさまでブランド子供服↓

ベビーファッションブログ1位となりました。

皆さまのご協力に感謝申し上げます!

こちら↓のボタンを1日1回クリックして応援していただきますと励みになります。
にほんブログ村 ファッションブログ ブランド子供服へ
にほんブログ村


ベビーファッション ブログランキングへ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です